FC2ブログ

tetsuさんのPhoto Room

 北海道の風景写真と趣味のアウトドアをしている様子を綴っています。

恋々ちゃん、さようなら

先日、キャバリア犬の恋々ちゃんが亡くなりました。
DSC_4892.jpg

10年以上前から知っていて、ドックランでは茶々丸や向日葵と一緒に遊んだ
仲間であり、元気な姿を知っているだけに、悲しいものです。
DSC_4830 (3)

ちょっぴり、ビビリで小っちゃくて、可愛いい甘えっ子の恋々ちゃんだったけど、
飼い主の言うことをよく聞き、大丈夫と思った人にしか懐かない慎重でとても賢いワンコでした。
DSC_7365 (2)

最初は私も中々、信用してもらえませんでしたが、
その内、ドックランで恋々ちゃんが豆粒ぐらいに小さく見えるほど
離れた場所から何度も「恋々、恋々、恋々」と叫び、
来たら持参したおやつを渡しているうちにおやつがなくても
名前を呼んだだけで私のところまで来るようになりました。 こんな感じで
DSC_2996 (4)

お兄ちゃんの茶々君とはいいコンビでいつも茶々が恋々のことを気にかけていたよね!
我が家も向日葵を迎え入れたときは、こんな関係になってほしいなぁと思って
多頭飼いのお手本にさせてもらっていました。

DSC_3785 (2)

真冬にドックランの裏山に登った時は、茶々恋々以外はみんな初めて登ってきたので
ちょっと得意げな顔をしていた恋々ちゃん!

恋々:「あたち、来たことあるもん。」
パル:「ヤバ、こっち見てる。」

DSC_0280 (3)

しばらくぶりに昨年あったときは、少し痩せていたけど
元気にしていたので安心していたのですが、残念です。
DSC_6361.jpg

今では写真に写っているワンコ達のほとんどが向こうに行っちゃって
なんだか寂しい気持ちですが、仕方ありません!
茶々丸のお友達1

恋々ちゃん、もう「恋々、恋々」って呼ぶことはできないけど、
向こうで皆が待っているので寂しくないからね!

恋々ちゃん、さようなら~
DSC_7292.jpg

スポンサーサイト

羊蹄山と珍小島

洞爺湖の珍小島からは羊蹄山が丁度よく見えます。
DSC_7244 (2)

有珠山噴火記念公園の紅葉も終わりかけていました。
DSC_7234 (2)

ついこの間までは、緑に覆われていた景色もすっかり冬支度となりました。
DSC_6218 (3)

昨年と同じ場所で撮った写真の紅葉もすでに落ちてなくなっていることでしょう。
DSC_4921.jpg
最近は気温も低いですが、体調管理に留意しましょう!

湖上からの眺め

先月からの約1か月間は北海道を代表する湖をカヤックで漕ぎました。
然別湖、支笏湖、洞爺湖の順に同じような状況でそれぞれの湖で
シンボルになる絵面を湖上から撮ったものを並べてみました。

「然別湖から天望山を望む」 
DSCF5132 (2)

「支笏湖から恵庭岳を望む」
DSCF5187 (2)

「洞爺湖から中島を望む」
DSCF5211 (3)

「ドックカフェから向日葵を望む」
DSCF5021.jpg
まぁ、こちらはおまけです。

洞爺湖散策

洞爺湖シリーズになってしまいますが、先週の洞爺湖の様子です。

有珠山噴火記念公園のオブジェの間から羊蹄山がはっきりと見えました。

DSC_7249.jpg

浮見堂公園は落ち葉で埋まっていました。

DSC_7287.jpg

中島も見えます。

DSC_7379.jpg

ここもいいなぁ~

DSC_7377.jpg

あっ、遠くに浮見堂も・・・・

DSC_7283.jpg

曙公園キャンプ場はすでにクローズしているのでキャンプはできませんが、
道具を並べて雰囲気だけ味わいます。

DSC_7279.jpg

今年、車中泊で活躍したタウンエース!

DSC_7263 (3)

絶景の洞爺湖!!

DSC_7267 (2)

私の前日に中島一周を終えた直後の友人を旭浦方面から
狙い撃ちして撮影しました。お疲れさま!

DSC_7207 (3)

来年こそ、洞爺湖一周しましょうね!




洞爺湖中島一周締めカヤック

土・日は天気も良く、今年、最後の締めカヤックは、洞爺湖の中島を一周することにしました。


土曜日から洞爺湖に入って翌朝6時30分、曙キャンプ場から出航しました。

DSCF5211.jpg

途中、嫌な感じのうねりのある波に流されながらも中島一周のスタート地点とした
場所に約35分で到着しました。

DSCF5212.jpg

上陸して羊蹄山の景色に後押しされるようかのように午前7時10分にスタートしました。

DSCF5213.jpg

目の前には弁天島と観音島が見え、中島との間をすり抜けるように進みます。

DSCF5214.jpg

すぐに中島の遊覧船の船着き場がありましたが、そこには立ち寄らず
少し離れた饅頭島を目指します。

DSCF5219.jpg

洞爺湖の中では一番小さな島で本当に小さな島でした。

DSCF5220.jpg

あっという間に一周できる程度の大きさでしかありませんが
太陽が照っているところは、紅葉の名残があり、最盛期は綺麗だと思います。

DSCF5225.jpg

饅頭島に限らず、湖岸から眺める中島の紅葉はきっと綺麗なんだろうと思いました。

DSCF5230.jpg

すくさま饅頭島を後にして中島一周ルートに戻り、
その後は気ままにゆっくりとカヤックを進めます。

DSCF5228.jpg

これまで、こちら側には来たことがないため、景色を目に焼き付けるかのように
見ていたら、湖岸に動くものを発見し、音を立てずに少しずつ近寄ってみることにしました。

「これが限界」

DSCF5238 (2)

保護色になっているので最初は木の枝かと見間違いしましたが、エゾシカでした。
「枝!」と呼んでも「エゾシカだよ。」とは応えてくれません。
北海道に住んでいると野生のエゾシカは、場所によってよく目にするので
中島にいたとしても珍しいことではないのですが、ここのエゾシカは警戒心が強く
少しでも音を立てると見かけによらず「キュ、キュ」と大きな警戒音を発し、
直ぐに山をかけ登ってその場から去っていきました。

この場所は、上陸しやすい砂浜になっていましたが、エゾシカ達の邪魔をしないように
ここには上陸せず、少しだけカヤックを進めた岩場に上陸して休憩することにしました。

「ここで休憩」

DSCF5245.jpg

「水も綺麗だね!」

DSCF5247.jpg

軽くパンとナッツを食べ、栄養補給をしてから一気にスタート地点を目指し
最後の一踏ん張りです。

DSCF5239.jpg

午前9時54分、スタート地点に戻って中島一周を達成しました。

DSCF5248.jpg

まだ余力があったので、もう一度、観音島辺りまで行ってみようと思いましたが
風が強くなってきて、波もうねってきたため、曙キャンプ場に戻ることにしました。

「なんかヤバいな」

DSCF5249.jpg

ちょうど有珠山が見えるあたりから、波のうねりも大きく、風も強くなり
久しぶりのファイト一発状態でかなり必死で漕ぎました。

「波たかっ」

DSCF5251.jpg

その内、カヤックの中に水が入ってくるほど、波のうねりが大きく、風も増して強くなって
状況が悪化し、写真を撮ることもできない状態になりました。

「こりゃ、怖いわ」

DSCF5254.jpg

必死に漕いでようやく、曙キャンプ場が見えてきましたが、たどり着けず
恐怖を感じながら1時間ぐらいかかって、やっと戻ってきました。

今年最後のカヤック?では、一応、来年の目標に向けて、体力的な部分は
自信がついたことと同時に自然の怖さも経験したことで貴重な1日となりました。

DSC_7229 (2)

来年も情報収集をしっかり準備して安全で楽しいカヤック遊びをしたいと思います。


プロフィール

tetsuさん

Author:tetsuさん
北海道の大自然をキャンプ、カヤック、スキーで楽しんでいます。たまにキャバリア向日葵も登場します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

色々な写真がありますよ♪

Top