FC2ブログ

tetsuさんのPhoto Room

Category : キャンプ

グロッケと薪ストーブで冬キャンプ

遅ればせながら、新年、明けましておめでとうございます。
今年12歳になる向日葵も元気です。

DSCF5685 (2)

早速ですが、1月3日に苫小牧のアルテンで冬CAMPをしてきました。
「どこ行くの、寒いの嫌だ!」
DSCF5689 (3)

新幕のグロッケの設営、薪ストーブの試し焼き、テント内への設置に休憩なしで
3時間以上費やし、作業が終わった時には、外はすでに暗くなっていました。
DSCF5700 (2)

薪ストーブが機能しなかった時のために、一応、レインボーも用意していきましたが
大丈夫だったので、翌日の撤収時のみ使用しました。
DSCF5694 (4)

薪ストーブを使用するにあたり、一番、注意していたことは
煙突の設置なのですが、事前に色々、調べて小物は100均で揃えたり
ホームセンターで物色したりして望みましたが、煙突にロープでテンションをかける
時に使用した針金が細すぎて、切れてしまったので、
次回はもう少し太い針金を使用したいと思います。

DSCF5702 (2)

アルテンは雪がなく、テント内も薪ストーブを使用した周辺の床が若干
融ける程度でそれほど汚れなかったです。

翌朝は晴天で、かなり冷え込みマイナス8℃以上はあったと思います。
新幕のグロッケは全く結露はなく、設営の時に妻が誤って踏みつけてしまった
足跡が残ってしまっただけで、良い幕です。

DSCF5703 (2)
戻ってきてからは、色々メンテナンスもありますが
まずは、新幕&薪ストーブの冬キャンはとても楽しかったです。
スポンサーサイト



質素なキャンプ

カヤックをするときは、どうしても荷物が増えるので
必要最低限の道具でキャンプをすることにしました。

今回は洞爺湖の曙キャンプ場でも一番東側の浮見堂公園との境目に位置した場所に
テント設営をしようと思い、念のため巡回の管理人に確認して許可をもらいました。
DSCF5605 (2)

分かりずらいですが一番遠くに小さく見えるテントのさらに奥がいつもの場所です。
DSCF5541 (2)


奥行きがなく、すぐに目の前が水辺になっているのでソロテント以外は
設営が難しいかもしれません!設営の際も「浸水に気を付けてね。」
と言われ、少々、弱腰になりましたが、天気予報では荒れる様子もなかったので
ここに設営することにしました。ロケーションは最高‼

DSCF5542 (2)


今回の持ち物は、テント、羽毛の寝袋、床銀マット、小ランタン、ミニガスバーナー等
工具入れに入る程度の道具を持って軽量化を図りましたが、最後まで悩んだのが
椅子をどうしようか?と言うことでした。

結局、背もたれができる折り畳み式の座椅子で過ごすことにしました。
なんとなく、今流行りのソロキャンプのスタイルになりましたが
どうにも窮屈さは否めません!人なれしたカモメ?もいます。
DSCF5552 (2)

ついでにソロ用の焚火台も試してみたかったのでまだ太陽が出ているうちから
早速、使用してみることにしました。
DSCF5554 (2)

一度にたくさん小枝を入れすぎたので結構な炎が上がってしまいましたが
スキレットで料理をしたり、焚火をしたりしていました。
DSCF5558.jpg


使用した感想は、薪(小枝)の使用量が少ないので事前に木材を持っていかなくても
現地で落ちている小枝で対応可能だと思いました。全般的に使い勝手も良く
一人遊びには丁度良いと思います。

床座りのキャンプスタイルは、長時間座っていると足腰が疲れてきます。
また、床に敷くゴムマットは弾力性があるものでなければ、小石や岩などが
足に当たって、かなり痛いです。

それから、テントのインナーがないのでこの時期だけでも虫対策として
インナーは必要かと思います。ここは、とにかくアリが多くて、
特に悪さをするわけではないものの、モソモソ感やたまに「チクッ」と噛むアリも
いて、どうにも身体中が神経過敏になりました。

やはり、私には文明の利器が必要だと実感しました。




ツェルトキャンプ

もっと楽にキャンプを楽しもう!
ということで、ソロキャンプの軽量化を図ったところ
こいつにたどり着きました。
DSCF5454.jpg

2013年に発売したスノーピークセル2です。
すでに廃盤になっているので在庫処分品しかありません。
DSCF5453.jpg

中はこんな感じですが、満足いくキャンプをするには
少し物足りなさを感じます。ツーリングキャンプにはいいかもしれません。




先日、キャバちゃん会のメンバーのマロンちゃんが
亡くなりました。

最初に会った頃は、たくさんのワンコ達に圧倒されたようで
すみっこに隠れるようにしていましたが、何度もあっているうちに
ワンコの輪の中心に堂々といられるようになりました。

そして、数年前からは満面の笑みでキャバちゃん会を牽引してくれました。

マロンちゃん、ありがと、ゆっくり休んでね!

DSC_5058 (2)

洞爺湖弁天島と観音島

2週間ほど前になりますが、洞爺湖でソロキャンプをしてきました。
この日はタープが風で傾くほど風が強かったです。
DSCF5412 (3)

後ろから見ると傾いている様子がよくわかるでしょう。
DSCF5413 (2)

私のサイトのすぐ目の前に白鳥もお出ましです。
DSCF5404 (2)

翌朝は弁天島と観音島を目指してカヤックを進めました。
いつもはだらだらと写真を撮りながら漕いでいますが
本日は目的地を目指して一心不乱に漕ぎました。

DSCF5418 (2)

ちょうど、一時間で弁天島と観音島をつないでいる船着き場に到着しました。
前回、この場所に来たときよりも15分くらい早く着きました。
DSCF5420.jpg

弁天島の鳥居
DSCF5421.jpg

桜越しの昭和新山
DSCF5424.jpg

蛇がいるといわれている?饅頭島
DSCF5428.jpg

残雪が残る羊蹄山
DSCF5430 (2)

曙キャンプ場は設備は古いですが、親水性が良く、
サイトは質の良い芝生になっているので撤収時は
道具が汚れないため、お気に入りのキャンプ場です。



話は変わり、向日葵の事ですが、
来週、馬尾神経を圧迫している骨を除去するため
脊椎管狭窄症の手術をすることにしました。

来月11歳を迎えるので年齢的なものと現在の心臓の状態から
最後のチャンスだと思い、手術をすることに決めました。

今は、歩行もできるし、痛みがないときはちょこちょこと
小走りもしていますが、一旦、痛みが出始めると腰を落として歩けない
状態を過去にも繰り返していたので思い切って決断しました。

DSC_8343 (2)

無事に手術が終了することを祈りたいと思います。

GW後半の出来事

GW後半は3日に仕事が入っていたので、私だけ札幌に戻ってきましたが
翌日は今年初のキャンプ&カヤックをしにモラップキャンプ場に行ってきました。

DSCF5346.jpg

いつ見ても夕日がきれいなキャンプ場です。
日中にソロテントとヘキサタープを少しアレンジして
設営してみましたが、いまいちの出来映えです。

DSCF5343.jpg

それでも、夜は先日伐採した薪を使用して焚火を楽しみました。

DSCF5351.jpg

翌朝は5時にキャンプ場を出航して支笏湖温泉街を目指しました。
進む方向には険しい形をした恵庭岳があります。
DSCF5352.jpg

後ろを振り返ると風不死岳と樽前山があり、絶景のコースです。
DSCF5353.jpg

凪いでいたこともあり、40分くらいで目的地に到着しました。
DSCF5358.jpg

いつも上陸する場所と違う場所にカヤックを着けて休憩がてら
誰もいない公園内を散策してみました。

DSCF5360.jpg

これまで何度も来ているのですが、神社があったことには気づきませんでした。
この位置からの恵庭岳も撮ったことがなかったので写真に収めました。

DSCF5364 (2)

その後は、店の準備をしていたヒメマスの食事を提供している食事処の店主と会話して
支笏湖の良さをお互いが語っているうちに店主から売り物のコーヒーをごちそうになりました。

天気も良く、このまま引き返すのはもったいないので
朝日が差し込む千歳川の源流に行くことにしました。
DSCF5369.jpg

行けるところまでカヤックを進め、ふと気づくと、流木があり
いつも見ているはずなのに角度によっては足が二本立っているようにも見えました。
まるで、「犬神家の一族」に出てきた光景です。
DSCF5378.jpg

GWは終わってしまいましたが
まだまだ、新たな発見がある支笏湖です。

プロフィール

tetsuさん

Author:tetsuさん
北海道の大自然をキャンプ、カヤック、スキーで楽しんでいます。たまにキャバリア向日葵も登場します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

色々な写真がありますよ♪

Top