FC2ブログ

tetsuさんのPhoto Room

Category : カヤック

洞爺湖中島一周締めカヤック

土・日は天気も良く、今年、最後の締めカヤックは、洞爺湖の中島を一周することにしました。


土曜日から洞爺湖に入って翌朝6時30分、曙キャンプ場から出航しました。

DSCF5211.jpg

途中、嫌な感じのうねりのある波に流されながらも中島一周のスタート地点とした
場所に約35分で到着しました。

DSCF5212.jpg

上陸して羊蹄山の景色に後押しされるようかのように午前7時10分にスタートしました。

DSCF5213.jpg

目の前には弁天島と観音島が見え、中島との間をすり抜けるように進みます。

DSCF5214.jpg

すぐに中島の遊覧船の船着き場がありましたが、そこには立ち寄らず
少し離れた饅頭島を目指します。

DSCF5219.jpg

洞爺湖の中では一番小さな島で本当に小さな島でした。

DSCF5220.jpg

あっという間に一周できる程度の大きさでしかありませんが
太陽が照っているところは、紅葉の名残があり、最盛期は綺麗だと思います。

DSCF5225.jpg

饅頭島に限らず、湖岸から眺める中島の紅葉はきっと綺麗なんだろうと思いました。

DSCF5230.jpg

すくさま饅頭島を後にして中島一周ルートに戻り、
その後は気ままにゆっくりとカヤックを進めます。

DSCF5228.jpg

これまで、こちら側には来たことがないため、景色を目に焼き付けるかのように
見ていたら、湖岸に動くものを発見し、音を立てずに少しずつ近寄ってみることにしました。

「これが限界」

DSCF5238 (2)

保護色になっているので最初は木の枝かと見間違いしましたが、エゾシカでした。
「枝!」と呼んでも「エゾシカだよ。」とは応えてくれません。
北海道に住んでいると野生のエゾシカは、場所によってよく目にするので
中島にいたとしても珍しいことではないのですが、ここのエゾシカは警戒心が強く
少しでも音を立てると見かけによらず「キュ、キュ」と大きな警戒音を発し、
直ぐに山をかけ登ってその場から去っていきました。

この場所は、上陸しやすい砂浜になっていましたが、エゾシカ達の邪魔をしないように
ここには上陸せず、少しだけカヤックを進めた岩場に上陸して休憩することにしました。

「ここで休憩」

DSCF5245.jpg

「水も綺麗だね!」

DSCF5247.jpg

軽くパンとナッツを食べ、栄養補給をしてから一気にスタート地点を目指し
最後の一踏ん張りです。

DSCF5239.jpg

午前9時54分、スタート地点に戻って中島一周を達成しました。

DSCF5248.jpg

まだ余力があったので、もう一度、観音島辺りまで行ってみようと思いましたが
風が強くなってきて、波もうねってきたため、曙キャンプ場に戻ることにしました。

「なんかヤバいな」

DSCF5249.jpg

ちょうど有珠山が見えるあたりから、波のうねりも大きく、風も強くなり
久しぶりのファイト一発状態でかなり必死で漕ぎました。

「波たかっ」

DSCF5251.jpg

その内、カヤックの中に水が入ってくるほど、波のうねりが大きく、風も増して強くなって
状況が悪化し、写真を撮ることもできない状態になりました。

「こりゃ、怖いわ」

DSCF5254.jpg

必死に漕いでようやく、曙キャンプ場が見えてきましたが、たどり着けず
恐怖を感じながら1時間ぐらいかかって、やっと戻ってきました。

今年最後のカヤック?では、一応、来年の目標に向けて、体力的な部分は
自信がついたことと同時に自然の怖さも経験したことで貴重な1日となりました。

DSC_7229 (2)

来年も情報収集をしっかり準備して安全で楽しいカヤック遊びをしたいと思います。


スポンサーサイト

洞爺湖中島一周達成!

今シーズンも終盤に来て、本日、初めて中島一周にチャレンジしました。
無事に到着し、帰宅しましたが昨日から洞爺湖に乗り込んでいたため
家事に追われていますので道中の出来事は次回にします。

DSCF5256 (2)

然別で紅葉狩り

先日、2年ぶりに然別湖でカヤックを楽しみました。

DSCF5174.jpg

最近は各地で熊出没情報も出ており、ここも例外ではなく
いつ出没しても不思議のない場所ですが、
今回はたまけんさんも一緒なので心強いです。

DSCF5133 (2)

日の出に合わせて5時半に起きてカヤックを組み立て
7時過ぎに温泉街から出航しました。

ここは標高が高いため、すでに紅葉は終わりかけていましたが
カヤックから眺める景色は格別です。

DSCF5155.jpg


弁天様に安全を祈願して北岸キャンプ場を目指しました。

DSCF5154.jpg


数年前に台風被害でキャンプ場の湖岸は流木の山になっていたようですが
綺麗に撤去されていたものの、以前のようにカヤックを横付けできるまでには
復旧していませんでした。

DSCF5160 (2)


キャンプ場に上陸するには、一旦、カヤックを土砂の積みあがっている
場所に乗り上げてから浅瀬の川を横切るようにして自力で漕いで渡ります。

DSCF5164 (2)

すでにキャンプ場はクローズしているため、私とたまけんさんの
二人で貸し切り状態の中、モーニングコーヒーとパンをいただきました。

DSCF5165 (2)

ゆっくりと流れる時間を感じながら然別湖の景色を堪能しました。

DSCF5161.jpg

快調に進むカヤックに身を任せ、湖岸沿いに漕ぎ、温泉街に戻ってきた頃には
11時近くになってたので約4時間の湖上散歩を楽しんでいました。

DSCF5151 (2)

撤収後は然別峡まで足を延ばし、その近くにある秘境温泉に浸かり
ジオパークを見学したりしておやじ旅を満喫しておりました。

DSCF5176 (2)

休憩等でおやじ狩りに会わないよう気を付けながら紅葉狩りをして帰路につきました。


始動

3月中旬まではゲレンデスキーを楽しんでいました。
DSCF4958.jpg

たまに向日葵と公園で遊び雪解けを待っていました。
DSC_6022 (3)

保護色になっている野鳥を観察して春を待ちました。
DSC_5973 (5)

そして、待ちに待ったGWの前半が来ました。
いよいよカヤックを始動することにしましたがあいにくの強風で
洞爺湖の波も海のような波になっていました。
DSCF4963.jpg

夕方になって風も多少、納まってきたので焚火をしました。
そのうちに月も出て来て星空になってきたので
明日の出航を願いながら寝床につきました。
DSCF4967.jpg

翌朝、靄も晴れ、風もなく、絶好のカヤック日和でした。
DSCF4973.jpg

有珠山、昭和新山を眺めながらカヤックを進めます。
本日は、仲洞爺キャンプ場から旧滝之上キャンプ場を目指します。
DSCF4971.jpg

約6㎞弱を1時間15分程度かけて到着しました。
DSCF4974.jpg

上陸して、散策してみたところ、洞爺湖八景にも選ばれている場所で
景色がいいところなのですが、陸地からはロープが張られていて入ることができません!
洞爺湖町では、自然を回復させるためにキャンプ場を閉鎖したようです。

DSCF4978.jpg

帰りもこの景色を見ながら今シーズン初のカヤックを堪能していたら
DSCF4982.jpg

いつのまにか、本日、ご一緒した、たまけんさんに置いてけぼりをくらってしまいました。
DSCF4984.jpg

締めカヤック

今年のカヤック遊びも、寒くなってきたので
そろそろ終了するか悩んでいるところです。
なぜか、土・日になるとすっきりとした晴れの天気になることが
少ないため、どうにもやる気が起きません!

8月のことですが、天気の良いときに支笏湖から
千歳川の源流に行った時の写真を載せます。
DSCF4808.jpg

モラップキャンプ場から千歳川の源流に行くまでの
途中には観光船が行き来しているため、安全確認をしてから
ちょうど観光船が見えている横を通り過ぎます。

DSCF4815.jpg

水は相変わらず、綺麗で透き通っていてさすが水質日本一です。

DSCF4823.jpg


支笏湖の温泉街に上陸してしばらくの間、休憩と散策をします。
DSCF4849.jpg


正面に写っているのは、カヤックのツアーをやっているお店です。
その横にあるお土産店ではソフトクリーム、いか焼き、いも団子が売っています。
私はいつも牧場からの直送ソフトクリームを注文して食べます。
これが、美味しくてやめられません!

DSCF4850.jpg

広いウッドデッキの裏には芝生広場があり東屋も整備されているので
ゆったりと休憩ができます。
DSCF4851.jpg


さて、本題ですが、この時期にしか見ることができない水草を見にカヤックを漕ぎだします。
DSCF4838.jpg


皆さんも同じ目的で水草を見に来ていたようでいつになく、カヤッカーが多くいました。
DSCF4844.jpg


少しぼやけていますが、水草に群がる魚です。
DSCF4828.jpg

そして水草です。うぅ~ん、微妙!
DSCF4846 (2)
それでもこの時期限定の景色なだけに特別感があります。



家に帰ってきてからは、向日葵の散歩のため公園に行きました。
妻のシャッター合図に合わせてカメラ目線になる向日葵!
DSCF4856 (3)

なぜか私のカメラには目線を合わせません!
DSCF4859.jpg
写真としてはこれはこれで良しとしても、最近の向日葵の態度は
私と妻では格差がだんだん大きくなってきているように感じています。(笑)

プロフィール

tetsuさん

Author:tetsuさん
北海道の大自然をキャンプ、カヤック、スキーで楽しんでいます。たまにキャバリア向日葵も登場します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

色々な写真がありますよ♪

Top