tetsuさんのPhoto Room

Date : 2016年09月

洞爺湖(観音島)

洞爺湖曙キャンプ場を朝の5時に出発して観音島を目指しました。

DSC_3874-01.jpg
写真の正面に丸がつぶれたような形をしているのが観音島です。
ちなみに左側に大きく写っているのが中島になります。

DSC_3869 (2)
本日は2年ぶりに偶然再会したキャバリアの友達と
一緒に観音島までお付き合いしてもらいましたが
相変わらずおしゃれなキャンプスタイルで
尖がりテントとロケーションがマッチングしていました。

「観音島まではどのくらいかかるの」
「近くに見えても距離はありそうだね」
「中島まで1時間として、おそらく2時間くらいかな?」
「疲れたら途中で帰ってこようか」
といったようなやり取りをして、一応、行くことに決めたので
早めに就寝しました。

まだ、空は薄暗い中、翌朝4時半に起きて
準備をしてから出航しました。
波はなく、ほとんど凪ぎ状態だったので思いのほかスイスイと
カヤックが進み45分で中島まで来ていました。
それでも一度も行ったことがない場所だったので
「近くに見えても距離はあるよねぇ」
と慎重な発言を繰り返し、漕ぐこと15分
「あれ、着いちゃった。」
曙キャンプ場からは1時間ぐらいで着いちゃうのですね!

波がなかったということもありますが、これなら月浦まで
1時間30分かかるのでそれよりもかなり近いです。

上陸してからは、昔に売店らしきものがあったような建物があり、
その他にも鳥居や観音堂なんかもありました。

「廃屋」

DSCF4193.jpg

「鳥居 弁財天」

DSCF4197 (2)

「観音堂」

DSCF4199 (2)

鳥居を潜って上に登ってみると風でなぎ倒された木々や動物のフンがありました。
DSCF4198.jpg

「なんのフンだろう」
「鹿、いや違う、熊、まさか」
と言った会話をしながら、辺りに沢山落ちている木の枝を眺めて
「これなら焚火に困らないね」
「カヤックにキャンプ道具を積んでここでキャンプする?」
なんてことを話しながら、朝日が差し込む観音島でしばらく休憩をしました。
DSCF4196 (2)

帰りは中島の上陸ポイントを経由してジェットスキーに注意しながら
キャンプ場に戻ってきました。
DSCF4202 (2)

今回、タープだけ張って、初めての車中泊をしてみましたが
広さと高さがあるのでソロテントよりも快適に過ごせました。
さすが、商用車のタウンエースです。
DSCF4166.jpg

秋のキャンプはこれで過ごしたいと思います。

スポンサーサイト

プロフィール

tetsuさん

Author:tetsuさん
北海道の大自然をキャンプ、カヤック、スキーで楽しんでいます。たまにキャバリア向日葵も登場します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

色々な写真がありますよ♪

Top