FC2ブログ

tetsuさんのPhoto Room

 北海道の風景写真と趣味のアウトドアをしている様子を綴っています。

質素なキャンプ

カヤックをするときは、どうしても荷物が増えるので
必要最低限の道具でキャンプをすることにしました。

今回は洞爺湖の曙キャンプ場でも一番東側の浮見堂公園との境目に位置した場所に
テント設営をしようと思い、念のため巡回の管理人に確認して許可をもらいました。
DSCF5605 (2)

分かりずらいですが一番遠くに小さく見えるテントのさらに奥がいつもの場所です。
DSCF5541 (2)


奥行きがなく、すぐに目の前が水辺になっているのでソロテント以外は
設営が難しいかもしれません!設営の際も「浸水に気を付けてね。」
と言われ、少々、弱腰になりましたが、天気予報では荒れる様子もなかったので
ここに設営することにしました。ロケーションは最高‼

DSCF5542 (2)


今回の持ち物は、テント、羽毛の寝袋、床銀マット、小ランタン、ミニガスバーナー等
工具入れに入る程度の道具を持って軽量化を図りましたが、最後まで悩んだのが
椅子をどうしようか?と言うことでした。

結局、背もたれができる折り畳み式の座椅子で過ごすことにしました。
なんとなく、今流行りのソロキャンプのスタイルになりましたが
どうにも窮屈さは否めません!人なれしたカモメ?もいます。
DSCF5552 (2)

ついでにソロ用の焚火台も試してみたかったのでまだ太陽が出ているうちから
早速、使用してみることにしました。
DSCF5554 (2)

一度にたくさん小枝を入れすぎたので結構な炎が上がってしまいましたが
スキレットで料理をしたり、焚火をしたりしていました。
DSCF5558.jpg


使用した感想は、薪(小枝)の使用量が少ないので事前に木材を持っていかなくても
現地で落ちている小枝で対応可能だと思いました。全般的に使い勝手も良く
一人遊びには丁度良いと思います。

床座りのキャンプスタイルは、長時間座っていると足腰が疲れてきます。
また、床に敷くゴムマットは弾力性があるものでなければ、小石や岩などが
足に当たって、かなり痛いです。

それから、テントのインナーがないのでこの時期だけでも虫対策として
インナーは必要かと思います。ここは、とにかくアリが多くて、
特に悪さをするわけではないものの、モソモソ感やたまに「チクッ」と噛むアリも
いて、どうにも身体中が神経過敏になりました。

やはり、私には文明の利器が必要だと実感しました。




スポンサーサイト



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://chahima0506.blog137.fc2.com/tb.php/354-0d24daa9

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

tetsuさん

Author:tetsuさん
北海道の大自然をキャンプ、カヤック、スキーで楽しんでいます。たまにキャバリア向日葵も登場します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

色々な写真がありますよ♪

Top